ユビー

多嚢胞性卵巣症候群
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
小笹 勝巳

「多嚢胞性卵巣症候群」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

多嚢胞性卵巣症候群と関連性のある病気

適切な診療科

多嚢胞性卵巣症候群でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「多嚢胞性卵巣症候群」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

ホルモンバランスが崩れることで生理の異常(生理がたまにしかないなど)や排卵障害による不妊などが生じます。エコー検査で卵巣にのう胞(発育途上の卵胞)がたくさん見えることに由来する病名です。男性化徴候(多毛、にきびなど)を認めることもあります。肥満が原因のケースも多いです。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 生理周期(生理から次の生理までの期間)がおかしい
  • 月経周期が39日以上(生理がなかなかこない)

対処法

通常すぐに生命に関わる病気ではありませんが、癌のリスクもあるので、生理不順は治療で改善するのが好ましいです。また、妊娠希望の場合は早めに産婦人科で相談してください。

監修医師の画像
監修医師
小笹 勝巳

診療科・専門領域

  • 産婦人科
大阪大学医学部卒。天理よろづ相談所病院、大阪大学医学部附属病院、大阪大学大学院、大阪府済生会中津病院、市立貝塚病院 副部長を経て、次のキャリアに向けて始動中。婦人科腫瘍、女性医学などの分野を中心に産婦人科全般の診療に携わっている。
監修医師詳細