ユビー

薬物依存症・乱用
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:2/15/2022

監修医師:
白井 優
かんたん3分(無料)
薬物依存症・乱用があなたの症状に関連するかチェック
interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

薬物依存症・乱用について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
薬物依存症・乱用に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
薬物依存症・乱用に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

薬物使用障害(薬物依存症・乱用)とは

薬物の使用により問題が生じているにもかかわらず、その使用を続けてしまう状態です。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 過去1年以内に違法薬物を使用したことがある
  • 薬物使用をやめたい、減らしたいと考えている
  • 薬物によって仕事や家庭への悪影響が出ている
  • 心身に問題が生じていても薬物を使ってしまう
  • 薬物の禁断症状(イライラや不快感など)を経験したことがある
  • 薬物使用に対する後悔や罪悪感がある
  • 薬物を1週間以上やめられない生活になっている
  • 薬物による記憶喪失やフラッシュバックの経験がある

対処法

カウンセリング・行動療法・相互支援グループなどを組み合わせて治療を行います。

近所の病院検索

薬物使用障害(薬物依存症・乱用)の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

薬物依存症・乱用について、医師からのよくある質問

  • 薬物使用をやめたい、減らしたいと考えていますか?
  • 過去1年以内に違法薬物を使用したことがありますか?(※守秘義務によりこの回答が第3者に知られることはありません)
  • 心身に問題が生じていても薬物を使ってしまいますか?
  • 薬物による記憶喪失やフラッシュバックの経験がありますか?
  • 薬物使用に対する後悔や罪悪感はありますか?
監修医師の画像
監修医師
白井 優

診療科・専門領域

  • 精神科
  • 心療内科
四谷ゆいクリニックにて英語圏、ポルトガル語圏のメンタルヘルス診療に従事。児童の神経発達症から認知症まで広く診療を行っている。ダイバーシティクリニック(www.diversity.clinic)を通じてメンタルヘルスの知見を発信している。
監修医師詳細