ユビー

声帯麻痺
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
舟石川ひふみみクリニック院長
貞安 令

声帯麻痺について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

声帯麻痺と関連性のある病気

適切な診療科

声帯麻痺でおすすめの病院

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

声帯麻痺とは

のどぼとけの中にある声帯の動きが低下した状態です。声を出すときに左右の声帯が完全に閉じなくなるため、息のもれるような声になります。甲状腺やのどの腫瘍、大動脈瘤、脳の疾患など、様々な病気が考えられますが、原因がはっきりしないこともあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 声がかすれる
  • 息苦しさを感じる
  • ゼーゼー・ヒューヒューする呼吸音がある
  • 普段から声が小さく、大声が出せない
  • せきが出る
  • 半年以内に全身麻酔の手術をしたことがある

対処法

麻痺が6ヵ月以上改善しない場合、手術が必要となることがあります。片側の声帯の麻痺でむせこみやすくなっている場合は、飲み込みやすい食事形態を工夫するなど、誤嚥性肺炎の予防に努めましょう。

近所の病院検索

声帯麻痺の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

監修医師の画像
監修医師
舟石川ひふみみクリニック院長
貞安 令

診療科・専門領域

  • 耳鼻咽喉科
【経歴】 2009年久留米大学卒業、医師免許取得 2011年女子医大東医療センター 2012年宮城県立がんセンター 2014年女子医大東医療センター 2015年耳鼻科専門医取得 2020年村立東海病院 2022年- 舟石川ひふみみクリニック 院長
監修医師詳細