脊髄空洞症の診断自体は、ほぼMRI検査の結果から下すことができます。
脊髄空洞症を起こした原因がないかを検査するために、造影剤を使ったMRI検査が必要になることもあります。