一般的には20〜50代に多いとされますが、あらゆる年齢層で見られます。
はっきりした原因がない(「特発性」と呼ばれます)こともありますが、ケガなどによる場合(外傷性)や、キアリ奇形によって発症する場合もあることが知られています。