直近に口にした食べ物などの聞き取りと、症状とをあわせて判断することがほとんどです。
場合によっては、便の検査などを実施して原因ウイルスを調べることもあります。