ubie logo

「ウイルス性胃腸炎」との関連性を無料でチェック

ユビーAI受診相談

ウィルス感染によって腹痛、嘔吐や下痢などの胃腸症状が引きおこる状態。代表的にはノロウィルスや小児ではロタウィルスが多い。ウィルスは未知のウィルスも含め多数種類がいるので、原因ウィルスが判定されない場合も多い。数日~1週間、長くても2週間程度の症状で改善する場合がほとんど。特別な薬は不要で、対症療法(痛いときは痛み止め、吐き気には吐き気止めなど)が治療の中心。

関連症状

感染して1-2日程度で腹痛、下痢、嘔吐などの胃腸症状が出現する。発熱を伴うこともある。通常は症状出現してから3日以内に自然に改善するが、1週間程度症状が続く場合もある。また、糞便中のウィルスは長いと1か月近く残る場合がある。下痢が激しく脱水症状をきたしてしまうこともある。

対処法

ウィルスを除去する治療薬はないため、基本的には対症療法として、症状に対する治療を行う。腹痛があれば痛み止め、吐き気があれば吐き気止めを使用する。下痢は基本的には異物を排出させる生理現象なので、ウィルスを早く排泄させる目的では下痢止めは使用しない。脱水にならないように適宜水分補給を行うが、食事や水分が摂れない場合は入院して点滴を行う場合もある。

「ウイルス性胃腸炎」についてユビーAI受診相談でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

ウイルス性胃腸炎と関連性のある病気

適切な診療科

ウイルス性胃腸炎でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「ウイルス性胃腸炎」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は
Ubieのロゴ
今回の結果を知らせよう
「ウイルス性胃腸炎」との関連性を無料でチェック https://ubie.app/lp/search/viral-gastroenteritis-d480 #ユビーAI受診相談 #ウイルス性胃腸炎
テキストをコピー