「ウイルス性胃腸炎」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

ウイルス性胃腸炎

食物などを介して口から侵入したウイルスによって下痢やはき気などといった症状が出現します。同じ食事をした人たちが同様の症状を訴えることがあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 便がゆるい・下痢をしている
  • 吐き気・嘔吐がある
  • みぞおちに痛みがある
  • 体温が普段より高い
  • 食欲がない
  • 白い便が出る

対処法

いわゆる胃腸の風邪です。ウイルスを直接減らすような薬はないので、脱水に注意し、こまめに水分補給をしましょう。水分がとれない場合は病院を受診しましょう。吐物・排泄物から感染する恐れがあるため、直接触れないようにしましょう。乳児の哺乳は継続してください。食事は消化の良い物を取るようにしましょう。3~7日で通常良くなることが多いです。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
ウイルス性胃腸炎との関連性
受診すべき診療科
ウイルス性胃腸炎でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「ウイルス性胃腸炎」について気になる症状をまず1つ教えてください。

へそ周りの広範囲に痛みがある
白い便が出る
発熱がある
腹痛がある
周期的な腹痛がある
食欲がわかない
吐き気がある
下痢気味である
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
ユビーは現役医師50人の監修のもと、
最新かつ公知の情報をもとに開発されています