ubie logo

「細菌性胃腸炎」との関連性を無料でチェック
AI受診相談ユビー

細菌性胃腸炎

胃腸に侵入した細菌によって下痢やはき気などの症状が出現します。サルモネラ菌、カンピロバクターなど夏に流行することが多いです。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 便がゆるい・下痢をしている
  • 便の悪臭が強い
  • お腹の痛みがある
  • 体温が普段より高い
  • お腹に痛みとは違う不快な感じがする
  • 体のだるさがある
  • 食欲がない
  • 1週間以内に生カキ、刺身、古いおにぎり・弁当、加熱不十分なレバー、生水のいずれかを口にした
  • 吐き気・嘔吐がある
  • 腹痛が一定の時間をおいて周期的に現れる

対処法

症状の原因となっている細菌を早く胃腸から排出するため、下痢止めは使用しないで下さい。脱水に注意し、こまめに水分補給をしましょう。水分がとれない場合は病院を受診しましょう。吐物・排泄物から感染する恐れがあるため、直接触れないようにしましょう。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
細菌性胃腸炎と関連性のある病気
受診すべき診療科
細菌性胃腸炎でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「細菌性胃腸炎」について気になる症状をまず1つ教えてください。

下痢気味である
うんちが臭う
食欲がわかない
腹痛がある
周期的な腹痛がある
体がだるい
腹痛部分を押すと悪化する
血便が出る
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する