ユビー

細菌性胃腸炎
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:9/3/2020

監修医師:
吉岡 藍子(新潟大学大学院医歯学総合研究科 消化器内科学分野 医員)

かんたん3分(無料)

細菌性胃腸炎があなたの症状に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

細菌性胃腸炎について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
細菌性胃腸炎に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
細菌性胃腸炎に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

細菌性胃腸炎とは

細菌感染によって腹痛、嘔吐や下痢などの胃腸症状が引きおこる状態。血便や発熱を伴うことがある。どの細菌かによって、感染から症状出現までの潜伏期間、症状継続の期間やどんな症状が出るかなど経過がさまざま。食中毒として起こることが多く、特に夏季に多い。 また、他の病気で抗生剤を使っていてしばらくして下痢症状が起こるときは、薬剤性腸炎が疑われる。腸内細菌のバランスが崩れてある種の細菌が増えてしまうことで引き起こされたり、薬剤自体が腸粘膜を傷つけて出血性腸炎を起こすことがある。

関連症状

腹痛、嘔気・嘔吐、下痢、血便や発熱などの胃腸症状で病原菌によって症状の出方はさまざま。軽症であれば自然に軽快する。下痢や血便がひどい場合は脱水症状を起こしたり、貧血になったりすることもある。また合併する病態によっては致命的になるような重症なもの(脳炎、髄膜炎、尿毒症など)もある。

対処法

原因菌や症状の程度によっては抗生物質(抗菌薬)は不要で、ウィルス性胃腸炎と同様に対症療法のみで改善することも多い。脱水症状が強い場合や他の合併症が疑われる場合は入院治療が必要。数日から2週間程度で改善する場合が多いが、症状が長引いて、感染性腸炎後の過敏性腸症候群をきたしたり、合併症で重症化することもある。

詳しい解説

細菌性胃腸炎」の解説を読む

近所の病院検索

細菌性胃腸炎の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

細菌性胃腸炎について、医師からのよくある質問

  • 便がゆるいか、あるいは下痢をしていますか?
  • 便の悪臭が強いですか?
  • お腹の痛みがありますか?
  • 体温は37.5℃以上ですか?
  • 体のだるさはありますか?
監修医師の画像

監修医師

新潟大学大学院医歯学総合研究科 消化器内科学分野 医員
吉岡 藍子

診療科・専門領域

  • 消化器内科
  • 外科
新潟大学医学部卒。 済生会新潟病院、新潟大学医歯学総合病院に消化器内科医として勤務。 その後、新潟大学大学院病理学教室にて博士取得。 県内市中病院である燕労災病院、長岡赤十字病院消化器内科副部長を経て、2018年4月から埼玉県済生会川口総合病院消化器内科医長として勤務。 2022年4月から新潟大学大学院医歯学総合研究科 消化器内科学分野所属。
監修医師詳細