ubie logo

「巨細胞性動脈炎(側頭動脈炎)」との関連性を無料でチェック
AI受診相談ユビー

巨細胞性動脈炎(側頭動脈炎)

主に大きな動脈に炎症が起きて、全身に様々な症状を起こす病気です。特に目に繋がる動脈に炎症が起きた場合には、失明の危険があります。高齢者に多く発症します。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 体温が普段より高い
  • こめかみ付近の痛みがある
  • 頭痛がある・頭が重い
  • こめかみ付近か少し下を押した時に痛みがある
  • 脈打つようなズキズキする頭痛がある
  • リウマチ性多発筋痛症と医師に言われたことがある
  • 目の痛みがある
  • 体のだるさがある
  • 首に症状がある
  • 膠原病・自己免疫・リウマチ性の病気と医師に言われたことがある

対処法

動脈の炎症を抑えるために、ステロイドを使用して治療を行います。失明の恐れがある場合には、速やかに治療を行う必要があります。必ず専門医による診断・治療を受けて下さい。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
巨細胞性動脈炎(側頭動脈炎)と関連性のある病気
受診すべき診療科
巨細胞性動脈炎(側頭動脈炎)でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「巨細胞性動脈炎(側頭動脈炎)」について気になる症状をまず1つ教えてください。

発熱がある
頭痛がする
こめかみが痛い
頭がズキズキする
体がだるい
側頭部を押すと痛みを感じる
目が痛む
首が痛い
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する