ユビー

最近おならがよく出る
という症状の原因と、関連する病気をAIで無料チェック

更新日:2023/07/26

監修医師:
吉岡 藍子(新潟大学大学院医歯学総合研究科消化器内科学分野医員)

「最近おならがよく出る」がどの病気に関連するかAIでチェックする

かんたん3分(無料)

「最近おならがよく出る」がどの病気に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

最近おならがよく出るという症状について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
症状の原因、関連する病気、対処法がわかる
featureHospitalIcon
適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

「最近おならがよく出る」はどんな症状ですか?

最近おならがよく出るとは

「最近おならがよく出る」に関連する主の病気には、呑気症(空気嚥下症)、胃食道逆流症(GERD)・逆流性食道炎、潰瘍性大腸炎などがあります。

最近おならがよく出る」に関連する症状はありますか?

  • お腹にガスが溜まりおならがでる

  • おならが止まらない

  • おならが勝手に出る

「最近おならがよく出る」のQ&A

  • A.

    日常生活における原因として、腸内でガスを発生しやすい食べ物の摂りすぎや、空気を余分に飲み込むこと(呑気症)などがあります。また、便秘や過敏性腸症候群が原因でおならが増えることがあります。

    解説

    おならがよく出る原因や病気には、主に以下のものがあります。

    食べ物

    玉ねぎやマメ科の植物、セロリ、ニンジンなどの食材は、腸内細菌のえさになります。
    細菌の働きによってメタンや水素などのガスが産生され、おならが出やすくなります。

    呑気症(どんきしょう)

    呑気症は空気を余分に飲み込む症状を言います。
    飲み込んだ空気はげっぷやおならとして体外へ排出されます。呑気症は喫煙、ガムを噛む、ストレスなどによって症状が悪化します。

    便秘、過敏性腸症候群

    便秘過敏性腸症候群では、胃腸の動きに問題があり、ガスが溜まっておならの回数が増えることがあります。

    大腸がん

    症状がおならだけということは稀ですが、大腸がんが原因で食べ物や便の通りが悪くなり、おならがよく出ることがあります。

    「ユビー病気のQ&A」を見る
  • A.

    1日あたり25回を超えるおならは通常よりも多く、「おならがよく出る」と言います。

    解説

    ある研究によると、1日のガス排出量は平均600~700mL程度と言われています。
    1日10回前後が平均と言われており、1日あたり25回までのおならは問題ないと考えられています。

    「ユビー病気のQ&A」を見る
  • A.

    消化しにくい食べ物やビール、炭酸飲料の飲みすぎに気をつけましょう。

    解説

    以下のような飲み物や食べ物の食べすぎに気をつけましょう。

    玉ねぎやマメ科の植物などの食材

    • 玉ねぎ
    • マメ科の植物
    • カリフラワー
    • ブロッコリー
    • セロリ
    • ニンジン

    玉ねぎやマメ科の植物、カリフラワー、ブロッコリー、セロリ、ニンジンなどの食材は、腸内でガスを発生させやすい食材です。
    これらの食材は小腸で消化・吸収がされにくく、大腸に流れ込み腸内細菌のえさとなります。細菌の働きでメタン、水素などのガスが産生され、おならとして排出されます。

    ビールや炭酸飲料

    ビールや炭酸飲料などは腸内で二酸化炭素を放出するので、おならが出やすくなります。

    「ユビー病気のQ&A」を見る

最近おならがよく出るという症状はどんな病気に関連しますか?

最近おならがよく出るという症状の原因となる主な病気は次のとおりです。
  • 過敏性腸症候群
  • 機能性ディスペプシア(Functional Dyspepsia)
  • 便秘症
  • 呑気症(空気嚥下症)
  • 胃食道逆流症(GERD)
  • 胃炎
  • 潰瘍性大腸炎

最近おならがよく出るという症状について、医師からのよくある質問

  • 最近おならがよく出ると感じますか?
  • お腹の痛みがありますか?
  • 吐き気や嘔吐がありますか?
  • 食欲がなく、食事量が減っていると感じますか?
  • 体温は37.5℃以上ですか?

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。

信頼性の高い医療情報の提供に向けて

ユビーに掲載している情報について

監修医師の画像

監修医師

新潟大学大学院医歯学総合研究科消化器内科学分野医員
吉岡 藍子 先生

診療科・専門領域

  • 消化器内科
新潟大学医学部卒。 済生会新潟病院、新潟大学医歯学総合病院に消化器内科医として勤務。 その後、新潟大学大学院病理学教室にて博士取得。 県内市中病院である燕労災病院、長岡赤十字病院消化器内科副部長を経て、2018年4月から埼玉県済生会川口総合病院消化器内科医長として勤務。 2022年4月から新潟大学大学院医歯学総合研究科 消化器内科学分野所属。
監修医師詳細