ユビー

子宮下垂・子宮脱
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:2024/03/28

監修医師:
小笹 勝巳

あなたの症状と子宮下垂・子宮脱の関連をAIでチェックする

かんたん3分(無料)

子宮下垂・子宮脱があなたの症状に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

子宮下垂・子宮脱について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
子宮下垂・子宮脱に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
子宮下垂・子宮脱に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

子宮下垂・子宮脱と特に関連する症状について

次のような症状がある方はご注意ください。

生理ではないのに、腟から出血または茶色・ピンク色のおりものがある

症状の頻度
ほぼ毎日同じような症状がある
症状の経過
改善も悪化もしていない

太っている

自覚した時期
幼少期から

残便感がある、便を出し切れていない感じがある

症状の経過
改善も悪化もしていない
自覚した時期
1か月以上前から

子宮下垂・子宮脱とはどんな病気ですか?

「子宮脱」とは、子宮が正常な位置よりも下降し、一部が外陰部から外に出てくる病気です。原因は出産や手術により骨盤の組織が損傷を受けたことで、症状には尿や便の出にくさや、膣から腫れものが出てくることがあります。下腹部から何かが出てくるような違和感がある場合、子宮脱の可能性があるので産婦人科や泌尿器科を受診しましょう。

子宮下垂・子宮脱への対処法は?

症状が軽い場合は、特に治療の必要はなく、骨盤底体操で改善することもあります。改善しない場合や症状が強い場合は、ペッサリーという器具を腟に留置したり手術も検討されますので、産婦人科で相談してください。

子宮下垂・子宮脱の専門医がいる病院を見る

子宮下垂・子宮脱のQ&A

子宮下垂・子宮脱について、医師からのよくある質問

  • 子宮が下がっているまたは陰部(おしも)から何か出ているように感じますか?

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。

信頼性の高い医療情報の提供に向けて

ユビーに掲載している情報について

監修医師の画像

監修医師

小笹 勝巳 先生

診療科・専門領域

  • 産婦人科
大阪大学医学部卒。天理よろづ相談所病院、大阪大学医学部附属病院、大阪大学大学院、大阪府済生会中津病院、市立貝塚病院 副部長を経て、次のキャリアに向けて始動中。婦人科腫瘍、女性医学などの分野を中心に産婦人科全般の診療に携わっている。
監修医師詳細