炎症が起こっていたり危険な病気が隠れていたりする可能性もあるため、少し休んでみてもお腹が苦しいときや、痛みがあるときは受診しましょう。
特に、激痛や出血を伴う場合は必ず受診するようにしてください。