妊娠に伴って女性ホルモンのバランスが変わると、それが胃腸の働きに影響して、お腹が張った感じやげっぷ、吐き気などの症状を引き起こすことがあります。
また、子宮の収縮や子宮が大きくなることに伴い、子宮のまわりの臓器が押されたり、子宮を支える靭帯が引っ張られるような痛みになることがあります。

妊娠に伴うお腹の張りの特徴としては、

  • 下腹部にものが入っているような違和感がある
  • お腹が引っ張られるような感覚を伴う
  • お腹がいつもより硬く感じる

といったことが挙げられます。

なお、冷や汗が出るほどの強さの痛みや、休んでもよくならないような痛みが生じることあまりないため、注意が必要です。