ユビー

性器ヘルペス
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:1/25/2023

監修医師:
齋藤 直(高崎タワークリニック眼科・泌尿器科副院長)

かんたん3分(無料)

性器ヘルペスがあなたの症状に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

性器ヘルペスについて「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
性器ヘルペスに関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
性器ヘルペスに関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

性器ヘルペスとは

単純ヘルペスウイルスによる性感染症で、ストレスや疲労などの免疫低下時に再発を繰り返します。陰部に水ぶくれや潰瘍(ただれ)ができ、痛みを伴います。足の付け根のリンパ節の腫れや、発熱などの全身症状を伴う場合もあります。

特徴的な症状

対処法

自然に治癒することもありますが、症状が強い場合は女性は産婦人科受診、男性は泌尿器科受診をお勧めします。治療で完全にウイルスを排除することはできないので、再発しないようできるだけ疲れをためないようにしましょう。

性感染症とは

性感染症とは「性行為で感染する病気」の総称です。病気の種類や感染経路によって、性器、口の中、皮膚など全身に症状が出ることがあります。また、症状がないか、乏しい場合も多いため感染に気づかず他人に感染させてしまうこともあります。

gls_std_001

進行後のリスク

性感染症の中には、治療をしないで放置していると症状が重くなるものがあります。例えば淋菌感染症や性器クラミジア、尖圭コンジローマは不妊や流産・早産の原因になることがあります。梅毒では症状があまりなかったり症状がない期間があるものの徐々に進行し、太い血管や神経に重い障害を残すことがあります。

また、性感染症によって性器の粘膜に小さい傷がついていたり炎症があったりすることでそこから他の性感染症の病原体が入りやすくなり、重複感染が起きやすくなることがあります。例えば、他の性感染症に罹患しているとHIVに感染するリスクが数倍になることが知られています。

検査・診断

性感染症の検査は症状によって、血液検査や尿検査、患部をぬぐって調べる検査などが行われます。

受診すべき診療科

症状がある時は性病科や感染症科、または男性は泌尿器科、女性は産婦人科を受診してください。その他の部位に症状がある時は症状にそった診療科を受診してください。症状はないものの心配な場合、特にHIVや梅毒は全国各地の保健所にて無料・匿名で検査を受けることが可能です。

参考文献

日本性感染症学会. 性感染症 診断・治療 ガイドライン. 2020.

近所の病院検索

性器ヘルペスの専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

性器ヘルペスについて、医師からのよくある質問

  • 陰部に痛みはありますか?
  • 陰茎(ちんちん)に痛みがありますか?
  • 陰茎(ちんちん)にできものはありますか?
  • 現在、陰部にただれやえぐれがあると感じますか?
  • リンパ節(首や脇の下、股の付け根、耳の後ろなどにあります)がはれて大きくなっていると感じますか?
監修医師の画像

監修医師

高崎タワークリニック眼科・泌尿器科副院長
齋藤 直

診療科・専門領域

  • 泌尿器科
東京女子医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学病院、戸田中央総合病院、東京女子医科大学八千代医療センター、医療法人伯鳳会赤穂中央病院を経て2020年4月より高崎タワークリニック眼科・泌尿器科にて副院長(現職)
監修医師詳細