ユビー

不眠症
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:9/3/2020

監修医師:
白井 優
かんたん3分(無料)
不眠症があなたの症状に関連するかチェック
interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

不眠症について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
不眠症に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
不眠症に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

睡眠障害とは

睡眠障害とは睡眠に何らかの問題がある状態のことです。寝つきが悪い、眠りが浅く途中で何度も目が覚める、早朝に目が覚めてしまう、ある程度眠ってもぐっすり眠れたという満足感が得られない等の症状があります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 夜によく眠れない
  • 朝早く目覚めてしまう
  • 夜中に途中で起きてしまう
  • なかなか寝付けない
  • 精神的なストレスや肉体的な疲労を感じている
  • 不安障害と診断されたことがある
  • 疲れている感じがする
  • 眠りが浅い・疲れが取れない
  • 不安感がある
  • 気持ちが落ち込んでいる

進行後のリスク

睡眠が障害されると日中の活動へ支障をきたし、心身の健康に影響します。睡眠に問題がある状態が続くと、感情のコントロールがうまく行かず怒りっぽくなる、イライラすることが多くなります。また、体重増加、糖尿病、高血圧、心臓病、脳血管障害の発症リスクが高くなることが知られており、注意が必要です。

寝つきが悪かったり、睡眠の質が低い

対処法

睡眠障害の治療では生活習慣を整えること、睡眠環境を整えることが大切です。毎日の起床・就寝時刻を一定にして生活リズムを整えましょう。朝起きたら朝日を浴び、日中は適度に運動をして活動的に過ごしてください。寝る前のカフェイン、喫煙、アルコールは控え、就寝する部屋は快適な温度・湿度を保ち、できるだけ外の音は遮断して照明も不安にならない程度に暗くしてください。生活習慣や環境を整えても改善しない場合、また一般用医薬品を使っても症状が緩和しない場合は、睡眠障害をきたす病気を調べたり、睡眠薬などの薬物治療が必要になる場合もあるので、医師に相談が必要です。

近所の病院検索

睡眠障害の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

不眠症について、医師からのよくある質問

  • 夜によく眠れないと感じていますか?
  • 布団に入ってもなかなか寝付けないことが多いですか?
  • 夜中に途中で何度も起きてしまいますか?
  • 夜明けに目が覚めたまま寝られず、朝を迎えてしまうことはありますか?
  • 現在、精神的なストレスや肉体的な疲労を感じていますか?
監修医師の画像
監修医師
白井 優

診療科・専門領域

  • 精神科
  • 心療内科
四谷ゆいクリニックにて英語圏、ポルトガル語圏のメンタルヘルス診療に従事。児童の神経発達症から認知症まで広く診療を行っている。ダイバーシティクリニック(www.diversity.clinic)を通じてメンタルヘルスの知見を発信している。
監修医師詳細