サービス改善のアンケートにご協力ください 📝
インタビュー協力で、Amazonギフト券3,000円がもらえます!
腰部脊柱管狭窄症

公開日

最終更新日

脊柱管狭窄症でやってはいけないことはありますか?

山田記念病院 整形外科 整形外科部長

濱畑 智弘 監修

背筋を伸ばしたり腰を反ったりすると、神経が圧迫されて腰や足の症状が悪化します。

解説

腰部脊柱菅狭窄症は、腰の痛みや足の痛み・しびれなどの症状が、歩く時間や立っている時間が長くなると悪化し、座ったり腰を前屈みにしたりすると多くの場合は楽になります。
そのため、症状がつらくなるまで立ち続けたり、歩き続けたりすることは避けたほうが良いでしょう。
また、腰を反らすような高いところに手を伸ばす作業も避けましょう。
寝ているときの姿勢では、仰向けで腰を完全に伸ばしていると翌朝の症状がつらくなる場合は、膝下に枕を置いて腰が完全に伸びきらないように調整することで改善することがあります。

サービス改善のためのアンケートにご協力ください

インタビューにご協力いただくと
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

アンケートに回答する(所要時間1分)

関連する病気と症状

(参考文献)

この記事をシェアする

腰部脊柱管狭窄症に関連する病気や症状

初めての方へ

ユビー病気のQ&Aとは?

現役の医師が、患者さんの気になることや治療方法について回答しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。

病気・症状から探す医師・医療機関の方はコチラ
無料で症状を調べる
無料で症状を調べる

症状検索エンジン「ユビー」

体調に不安がある、あるいは医療機関への受診を考えている方向けに、20問〜30問程度の質問に答えることで関連する病名や適切な受診先や調べられる無料の症状検索サービスです。

症状を調べる
医療機関を探す
医療機関を探す

お近くの病院をお探しの方へ

「受診科が分からない」「どの医療機関に行ったらいいか分からない」といった悩みは、ユビーの病院検索が便利です。近所の病院も探せるので、ぜひご利用ください。

病院を探す

サービスの目的と位置付け

ユビー病気のQ&Aは、情報提供を目的としたサービスのため、医師・医療従事者等による情報提供は診療行為ではありません。
診療を必要とする場合は、医師・医療機関にご相談ください。
当サービスは、信頼性および正確な情報発信に努めますが、内容を完全に保証するものではありません。
情報に誤りがある場合は、こちらからご連絡をお願いいたします。