「クッシング症候群」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

クッシング症候群(Cushing症候群)

副腎からコルチゾール(ステロイドホルモン)が過剰に分泌された状態です。血圧や血糖が高くなることもあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 手足はやせているのに顔や胴体が太っている
  • 生理周期がおかしい
  • 太っている
  • 皮ふが薄くなった、皮ふにあざがある(あるいはあざが出来やすい)
  • 皮ふに何らかの異常がある
  • 皮ふにブツブツがある

対処法

副腎に腫瘍がある場合は手術が必要です。脳(下垂体)に異常があることもあります。専門医を受診しましょう。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
クッシング症候群との関連性
受診すべき診療科
クッシング症候群でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「クッシング症候群」について気になる症状をまず1つ教えてください。

発疹がある
顔面が熱っぽい
男っぽくなってきた
あざが出来やすい
皮膚に異常がある
生理が来ない
体重が増えた
お腹が出ている
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する

「クッシング症候群」と似た病気からも調べられます

ユビーは現役医師50人の監修のもと、
最新かつ公知の情報をもとに開発されています