ユビー

クッシング症候群
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
濵﨑 秀崇

「クッシング症候群」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

クッシング症候群と関連性のある病気

適切な診療科

クッシング症候群でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「クッシング症候群」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

副腎からコルチゾール(ステロイドホルモン)が過剰に分泌された状態です。急に太ったり、血圧や血糖が高くなったりすることもあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 手足はやせているのに顔や胴体が太っている
  • 生理周期(生理から次の生理までの期間)がおかしい
  • 太っている
  • 皮ふが薄くなった、皮ふにあざがある(あるいはあざが出来やすい)
  • 皮ふに何らかの異常がある
  • 皮ふにブツブツがある
  • 体毛が濃くなる、声が低くなるなど男っぽくなった
  • 椅子から自力で立ち上がるのが難しい
  • 顔全体のむくみがある
  • 顔が赤くほてっている

対処法

副腎に腫瘍がある場合は手術が必要です。脳(下垂体)に異常があることもあります。専門医を受診しましょう。

監修医師の画像
監修医師
濵﨑 秀崇

診療科・専門領域

  • 内科
  • 糖尿病内科
  • 内分泌・代謝内科
【経歴】 2002年3月 東京大学理学部生物学科 卒業 2008年3月 広島大学医学部医学科 卒業 2016年3月 自治医科大学大学院医学研究科 卒業 2022年4月 University of Derby Online MBA 修了予定 2008年4月 国立病院機構横浜医療センター研修医 2010年4月 国立国際医療研究センター病院糖尿病内分泌代謝科レジデント 2012年10月 国立国際医療研究センター国府台病院内科レジデント 2013年4月 国立国際医療研究センター国府台病院総合内科医師 2017年4月 医療法人泰水会濵﨑クリニック(現職) 東京大学理学部卒、広島大学医学部卒。 国立国際医療研究センター病院・国府台病院を経て、2017年4月より濵﨑クリニックに勤務。糖尿病を専門に、内科疾患および内分泌疾患を幅広く診療している。
監修医師詳細