「単純ヘルペス(皮膚病変を呈するもの)」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

単純ヘルペス(皮膚病変を呈するもの)

ヘルペスウイルスに初感染したとき、また疲労などで免疫力が少し低下したときにウイルスが再活性化し、痛みを伴う水膨れが生じる病気です。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 皮ふに何らかの異常がある
  • 水ぶくれが出来ている
  • 顔や股間のヘルペスにかかったことがある
  • 唇や口の中に口内炎が多発している
  • 顔面の痛みがある
  • 皮ふにブツブツがある
  • 陰部やお尻の皮ふに異常がある
  • 痛みを伴う小さな水ぶくれがある
  • 精神的なストレスや肉体的な疲労を感じている
  • 排尿の際に焼けるような感じがする

対処法

抗ウイルス薬の飲み薬や塗り薬で治療します。再発を繰り返す場合は、外来受診の際に相談してください。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
単純ヘルペス(皮膚病変を呈するもの)との関連性
受診すべき診療科
単純ヘルペス(皮膚病変を呈するもの)でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「単純ヘルペス(皮膚病変を呈するもの)」について気になる症状をまず1つ教えてください。

皮膚に異常がある
水疱が出来ている
口内炎が多発している
ストレスを感じている
発疹がある
歯茎が痛い
顔が痛い
口の中が痛む
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する

「単純ヘルペス(皮膚病変を呈するもの)」と似た病気からも調べられます

AI受診相談ユビーは現役医師50人の監修のもと、最新かつ公知の情報をもとに開発されています。すべて見る
  • 阿部 吉倫

    阿部 吉倫

    Ubie株式会社
    共同代表 総合内科医

  • 五十嵐 健史

    五十嵐 健史

    東京都健康長寿医療センター 麻酔科医

  • 金沢 誠司

    金沢 誠司

    国立成育医療研究センター
    産婦人科医

  • 白井 優

    白井 優

    四谷ゆいクリニック
    精神科医

  • 白石 達也

    白石 達也

    仁生社江戸川病院
    循環器内科医