ユビー

慢性硬膜下血腫
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:9/3/2020

監修医師:
野崎 俊樹(日本医科大学武蔵小杉病院 助教・医員・病棟医長)

かんたん3分(無料)

慢性硬膜下血腫があなたの症状に関連するかチェック

interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

慢性硬膜下血腫について「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
慢性硬膜下血腫に関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
慢性硬膜下血腫に関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

慢性硬膜下血腫とは

転倒などで頭をぶつけた後、脳の表面に血がたまる病気です。高齢者に多い病気ですが、稀に40代、50代でもかかることがあります。脳の表面に血がたまってしまうため、頭痛、手足が動かしづらい、などの症状が出ることがあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 前より歩きにくくなったように感じる
  • 集中力が下がっている
  • 頭を激しくぶつけた
  • もともと日常生活において、立ち上がるのが困難で、横になって過ごすことが多い
  • 最近、日常的に外を出歩くことが減った
  • ぼけがある、あるいは認知症と診断されたことがある
  • 最近これまでと比べて精神状態に異変がある
  • 頭がボーっとする、すっきりしない
  • 頭痛がある・頭が重い
  • 物忘れがある

対処法

無症状の場合は自然に治ることがありますが、何か症状が出ている場合は早めの手術が必要になる可能性があります。近くの脳神経外科を標榜したクリニック、あるいは病院の脳神経外科を受診しましょう。

近所の病院検索

慢性硬膜下血腫の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

慢性硬膜下血腫について、医師からのよくある質問

  • 前より歩きにくくなったように感じますか?
  • 最近、集中力が下がっていると感じますか?
  • 最近、頭を激しくぶつけましたか?
  • もともと日常生活において、立ち上がるのが困難で、横になって過ごすことが多いですか?
  • 最近、日常的に外を出歩くことが減ったと感じますか?
監修医師の画像

監修医師

日本医科大学武蔵小杉病院 助教・医員・病棟医長
野崎 俊樹

診療科・専門領域

  • 脳神経外科
【経歴】 2009年 山梨大学卒業 2011年 NTT東日本関東病院 脳神経外科 2013年 東京都立神経病院 脳神経外科 2014年 日本医科大学脳神経外科 (付属4病院および関連病院) 2020年 聖隷浜松病院てんかん科 2021年 日本医科大学武蔵小杉病院 助教・医員・病棟医長(現職)
監修医師詳細