ユビー

脳腫瘍
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
日本医科大学武蔵小杉病院 助教・医員・病棟医長
野崎 俊樹

「脳腫瘍」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

脳腫瘍と関連性のある病気

適切な診療科

脳腫瘍でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「脳腫瘍」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

脳腫瘍とは頭蓋内にできる腫瘍の総称です。大きく原発性脳腫瘍(最初から脳にできる腫瘍)と転移性脳腫瘍(脳の外にできた腫瘍が転移したもの)に分類されます。腫瘍ができる場所により様々な症状が出現します。手足が動かなくなったり、失語(言葉が出ない、理解できない)、ふらつく等の症状が出現します。突然痙攣発作を起こし、診断がつくこともあります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 頭痛がある・頭が重い
  • こめかみ付近の痛みがある
  • おでこ付近の痛みがある
  • 頭の後ろ側に痛みがある
  • めまいがする
  • 立つとふらつき・浮遊感が生じる
  • ものが二重に見える
  • 顔や口周囲のしびれがある
  • 視界の一部が見えなくなった
  • 最近これまでと比べて精神状態に異変がある

対処法

専門医療機関を受診し画像検査、特に頭部MRI検査を受ける必要があります。造影剤を使用すると腫瘍がよく見えるようになるので、造影MRI検査を行うこともあります。

監修医師の画像
監修医師
日本医科大学武蔵小杉病院 助教・医員・病棟医長
野崎 俊樹

診療科・専門領域

  • 脳神経外科
【経歴】 2009年 山梨大学卒業 2011年 NTT東日本関東病院 脳神経外科 2013年 東京都立神経病院 脳神経外科 2014年 日本医科大学脳神経外科 (付属4病院および関連病院) 2020年 聖隷浜松病院てんかん科 2021年 日本医科大学武蔵小杉病院 助教・医員・病棟医長(現職)
監修医師詳細