ユビー

水頭症
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
日本医科大学武蔵小杉病院 助教・医員・病棟医長
野崎 俊樹

「水頭症」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

水頭症と関連性のある病気

適切な診療科

水頭症でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「水頭症」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

脳は常に髄液と呼ばれる水を産生し、循環させて、吸収しています。脳の水量は通常一定に保たれていますが、何らかの病気によって脳の水が増えてしまうのが水頭症です。脳の水が増えると認知症になるなど、様々な症状が出ます。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 辻褄が合わない会話やおかしな行動をする
  • 頭がボーっとする、すっきりしない
  • 気持ちが高ぶったり、恐怖を感じたりする
  • 物忘れがある
  • 集中力が下がっている
  • 「名前」か「生年月日」が言えない
  • 歩幅が小さくなった
  • 体のだるさがある
  • ぼけがある、認知症と医師に言われている
  • つまずきやすくなった

対処法

症状が何かある場合は、一度近くの脳神経外科を標榜したクリニック、あるいは病院の脳神経外科を受診して相談してみると良いでしょう。

監修医師の画像
監修医師
日本医科大学武蔵小杉病院 助教・医員・病棟医長
野崎 俊樹

診療科・専門領域

  • 脳神経外科
【経歴】 2009年 山梨大学卒業 2011年 NTT東日本関東病院 脳神経外科 2013年 東京都立神経病院 脳神経外科 2014年 日本医科大学脳神経外科 (付属4病院および関連病院) 2020年 聖隷浜松病院てんかん科 2021年 日本医科大学武蔵小杉病院 助教・医員・病棟医長(現職)
監修医師詳細