ubie logo

「伝染性単核球症」との関連性を無料でチェック

ユビーAI受診相談
監修医師の画像
監修医師
阿部 吉倫 先生

EBウイルスというヘルペスの仲間の感染によって発熱や喉の痛みといった風邪症状のほか、リンパ節や肝臓の腫れが起こることもあります。唾液を介して感染します。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 体温が37.5℃以上
  • 体のだるさがある
  • のどの痛みがある
  • 安静にしていても関節痛が消えない
  • 頭痛がある・頭が重い
  • 汗をかいている
  • 寒気がする

対処法

症状が数日に渡り続きます。なるべく無理をせずに休息を取るようにしましょう。ウイルス性の感染症であり、抗生剤は効果がありません。一部のペニシリン系抗生剤の内服で、皮膚のぶつぶつが出る場合があるので注意して下さい。

「伝染性単核球症」についてユビーAI受診相談でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

伝染性単核球症と関連性のある病気

適切な診療科

伝染性単核球症でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「伝染性単核球症」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は
監修医師の画像
監修医師
阿部 吉倫 先生
2015年東京大学医学部医学科卒。東京大学医学部付属病院、東京都健康長寿医療センターで初期研修を修了。血便を放置し48歳で亡くなった患者との出会いをきっかけにデータサイエンスの世界へ。2017年5月にUbie株式会社を共同創業。2019年12月より日本救急医学会救急AI研究活性化特別委員会委員。2020年 Forbes 30 Under 30 Asia Healthcare & Science部門選出。
監修医師詳細
Ubieのロゴ
今回の結果を知らせよう
「伝染性単核球症」との関連性を無料でチェック https://ubie.app/lp/search/infectious-mononucleosis-d226 #ユビーAI受診相談 #伝染性単核球症
テキストをコピー