「伝染性単核球症」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

伝染性単核球症

EBウイルスというヘルペスの仲間の感染によって発熱や喉の痛みといった風邪症状のほか、リンパ節や肝臓の腫れが起こることもあります。唾液を介して感染します。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 体温が普段より高い
  • 体のだるさがある
  • のどの痛みがある
  • 安静にしていても関節痛が消えない
  • 頭痛がある・頭が重い
  • 汗をかいている

対処法

症状が数日に渡り続きます。なるべく無理をせずに休息を取るようにしましょう。ウイルス性の感染症であり、抗生剤は効果がありません。一部のペニシリン系抗生剤の内服で、皮膚のぶつぶつが出る場合があるので注意して下さい。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
伝染性単核球症との関連性
受診すべき診療科
伝染性単核球症でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「伝染性単核球症」について気になる症状をまず1つ教えてください。

咳が止まらない
寒気がする
食欲がわかない
頭痛がする
汗が多い
喉が痛い
体がだるい
発熱がある
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
ユビーは現役医師50人の監修のもと、
最新かつ公知の情報をもとに開発されています