「熱性けいれん」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

熱性けいれん

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 熱性けいれんと医師に言われたことがある
  • 体温が普段より高い
  • けいれん発作があった
  • 38度以上の発熱に伴いけいれんが起こった
  • 全身がこわばり、がくがくするようなけいれんを起こした
  • 両親のいずれかがこどもの時に熱性けいれんを発症したことがある
  • 5分以上けいれんが続いている
  • 頭がボーっとする、すっきりしない
  • けいれん中は呼びかけに応じなかった
  • けいれん中に顔色が悪かった

対処法

数分で止まり、命に関わることはありませんのでご安心下さい。体を強く揺すったり、口の中にものを入れないで下さい。 発作が5〜10分以上続き、止まる気配がないとき。短い間隔で繰り返し発作が起こり、この間意識消失が続くとき。全身ではなく体の一部だけ、あるいは部分的に強い発作のときは救急車で病院へ行って下さい。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
熱性けいれんとの関連性
受診すべき診療科
熱性けいれんでおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「熱性けいれん」について気になる症状をまず1つ教えてください。

38度以上の発熱に伴い痙攣が起こった
全身がガクガクする痙攣があった
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
AI受診相談ユビーは現役医師50人の監修のもと、最新かつ公知の情報をもとに開発されています。すべて見る
  • 阿部 吉倫

    阿部 吉倫

    Ubie株式会社
    共同代表 総合内科医

  • 五十嵐 健史

    五十嵐 健史

    東京都健康長寿医療センター 麻酔科医

  • 金沢 誠司

    金沢 誠司

    国立成育医療研究センター
    産婦人科医

  • 白井 優

    白井 優

    四谷ゆいクリニック
    精神科医

  • 白石 達也

    白石 達也

    仁生社江戸川病院
    循環器内科医