ユビー

熱性けいれん
と症状の関連性をAIで無料でチェック

更新日:10/14/2021

監修医師:
笹岡 悠太(札幌医科大学救急医学講座 助教)
かんたん3分(無料)
熱性けいれんがあなたの症状に関連するかチェック
interview
利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

熱性けいれんについて「ユビー」でわかること

質問に答えるだけで
featureFeelingIcon
熱性けいれんに関連する症状がわかる
featureHospitalIcon
熱性けいれんに関する、適切な診療科、近所の病院・クリニックがみつかる
featureDoctorIcon
回答結果を医療機関に連携できるから、診療がスムーズ
※一部の医療機関で対応

熱性けいれんとは

6ヶ月から5歳頃の小児で、急な発熱とともに意識を失ってけいれん(ひきつけ)を引き起こす病気です。繰り返すこともありますが、成長に伴い頻度は減っていきます。ほとんどの場合に経過は良好ですが、一部がてんかんに移行するとも言われています。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 熱性けいれんと診断されたことがある
  • 体温が37.5℃以上
  • けいれん発作があった
  • 38度以上の発熱に伴いけいれんが起こった
  • 全身がこわばり、がくがくするようなけいれんを起こした
  • 両親のいずれかがこどもの時に熱性けいれんを発症したことがある
  • 5分以上けいれんが続いている
  • 頭がボーっとする、すっきりしない
  • けいれん中に顔色が悪かった
  • けいれん中は呼びかけに応じなかった

対処法

診断が確かであれば様子を見ることでやり過ごせますが、同じような症状を来すものに髄膜炎や脳炎などの病気もあります。まずは医療機関を受診し、判断を仰ぎます。熱性けいれんであれば反復することがあるので、対処方法を確認しておきます。

近所の病院検索

熱性けいれんの専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

熱性けいれんについて、医師からのよくある質問

  • これまでに【熱性けいれん】と診断されたことはありますか?
  • 体温は37.5℃以上ですか?
  • けいれん発作がありましたか?
  • 38度以上まで体温が上がったときに、それに伴うようにけいれんが起こりましたか?
  • けいれんは全身がこわばり、がくがくするような様子でしたか?
監修医師の画像
監修医師
札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太

診療科・専門領域

  • 小児科
  • 救急科
札幌医科大学医学部卒。市立函館病院小児科、同救命救急センター、東京都立小児総合医療センター救命救急科を経て2020年4月より札幌医科大学高度救命救急センターで勤務。 小児科学、救急医学の幅広い分野をカバーし、小児救急医学に精通している。また、AHA-PALSインストラクターの資格を保有し、北海道トレーニングサイトで小児二次救命処置の教育にも力を入れている。
監修医師詳細