「熱性けいれん」との関連性を無料でチェック

ユビーAI受診相談

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 熱性けいれんと医師に言われたことがある
  • 体温が37.5℃以上
  • けいれん発作があった
  • 38度以上の発熱に伴いけいれんが起こった
  • 全身がこわばり、がくがくするようなけいれんを起こした
  • 両親のいずれかがこどもの時に熱性けいれんを発症したことがある
  • 5分以上けいれんが続いている
  • 頭がボーっとする、すっきりしない
  • けいれん中は呼びかけに応じなかった
  • けいれん中に顔色が悪かった

対処法

数分で止まり、命に関わることはありませんのでご安心下さい。体を強く揺すったり、口の中にものを入れないで下さい。 発作が5〜10分以上続き、止まる気配がないとき。短い間隔で繰り返し発作が起こり、この間意識消失が続くとき。全身ではなく体の一部だけ、あるいは部分的に強い発作のときは救急車で病院へ行って下さい。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

熱性けいれんと関連性のある病気

適切な診療科

熱性けいれんでおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「熱性けいれん」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は
Ubieのロゴ
今回の結果を知らせよう
「熱性けいれん」との関連性を無料でチェック https://ubie.app/lp/search/fever-convulsion-d453 #ユビーAI受診相談 #熱性けいれん
テキストをコピー