「原発性胆汁性肝硬変」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

原発性胆汁性肝硬変

肝臓で作られる胆汁の通り道である胆管の一番細いところを、自分自身で攻撃してしまう原因不明の病気です。発見が遅れたり、肝障害が続くと肝臓機能障害が元に戻らなくなってしまいます。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 皮ふに何らかの異常がある
  • 白目や皮ふが黄色くなっている
  • 皮ふのかゆみがある
  • 体のだるさがある
  • 食欲がない
  • ノリの佃煮・もしくは墨のような黒い便が出ている

対処法

健康診断の肝機能障害などで発見される場合が多くなっているため、定期的な検査が推奨されます。早期の段階では薬で安定化できるため、早めの治療介入が必要です。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
原発性胆汁性肝硬変との関連性
受診すべき診療科
原発性胆汁性肝硬変でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「原発性胆汁性肝硬変」について気になる症状をまず1つ教えてください。

皮膚に異常がある
体がだるい
食欲がわかない
腹痛がある
発熱がある
目が痛む
胸の筋肉が痛い
血便が出る
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する

「原発性胆汁性肝硬変」と似た病気からも調べられます

ユビーは現役医師50人の監修のもと、
最新かつ公知の情報をもとに開発されています