「アルコール性肝障害」との関連性を無料でチェック

ユビーAI受診相談

アルコール摂取により肝臓の細胞が壊される病気です。アルコールの量が多いほど肝障害の程度もひどくなります。長期化すると肝臓機能障害が元に戻らなくなってしまいます(肝硬変)。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 白目や皮ふが黄色くなっている
  • 体のだるさがある
  • 皮ふにブツブツがある
  • 体温が37.5℃以上
  • 食欲がない
  • 肌に紫色のぶつぶつがある
  • 全身が痛む
  • 髪の毛が抜けてきている
  • つまずきやすくなった

対処法

飲酒を控えたり禁酒をすることで改善が見込めますが、肝硬変になっていないかのチェックも必要なので定期的な医療機関での検査が必要です。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

アルコール性肝障害と関連性のある病気

適切な診療科

アルコール性肝障害でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「アルコール性肝障害」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は
Ubieのロゴ
今回の結果を知らせよう
「アルコール性肝障害」との関連性を無料でチェック https://ubie.app/lp/search/alcoholic-hepatopathy-d11 #ユビーAI受診相談 #アルコール性肝障害
テキストをコピー