ユビー

アルコール性肝障害
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
埼玉県済生会川口総合病院消化器内科 医長
吉岡 藍子

アルコール性肝障害について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

アルコール性肝障害と関連性のある病気

適切な診療科

アルコール性肝障害でおすすめの病院

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

アルコール性肝障害とは

アルコール摂取により肝臓の細胞が壊される病気です。アルコールの量が多いほど肝障害の程度もひどくなります。長期化すると肝臓機能障害が元に戻らなくなってしまいます(肝硬変)。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 白目や皮ふが黄色くなっている
  • 体のだるさがある
  • 皮ふにブツブツがある
  • 体温が37.5℃以上
  • 食欲がない
  • 肌に紫色のぶつぶつがある
  • 全身が痛む
  • 髪の毛が抜けてきている
  • つまずきやすくなった

対処法

飲酒を控えたり禁酒をすることで改善が見込めますが、肝硬変になっていないかのチェックも必要なので定期的な医療機関での検査が必要です。

近所の病院検索

アルコール性肝障害の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

監修医師の画像
監修医師
埼玉県済生会川口総合病院消化器内科 医長
吉岡 藍子

診療科・専門領域

  • 消化器内科
  • 外科
新潟大学医学部卒。 済生会新潟病院、新潟大学医歯学総合病院に消化器内科医として勤務。 その後、新潟大学大学院病理学教室にて博士取得。 県内市中病院である燕労災病院、長岡赤十字病院消化器内科副部長を経て、2018年4月から埼玉県済生会川口総合病院消化器内科医長として勤務。
監修医師詳細