「アルコール性肝障害」の対処法を無料でチェック AI受診相談ユビー

アルコール性肝障害

アルコール摂取により肝臓の細胞が壊される病気です。アルコールの量が多いほど肝障害の程度もひどくなります。長期化すると肝臓機能障害が元に戻らなくなってしまいます(肝硬変)。

次の症状などが特徴として見られます。

  • 体のだるさがある
  • 皮ふにブツブツがある
  • 白目や皮ふが黄色くなっている
  • 食欲がない
  • 肌に紫色のぶつぶつがある
  • 全身が痛む
  • 髪の毛が抜けてきている
  • 転倒しやすくなった

飲酒を控えたり禁酒をすることで改善が見込めますが、肝硬変になっていないかのチェックも必要なので定期的な医療機関での検査が必要です。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
アルコール性肝障害の可能性
病院に行くべきか
アルコール性肝障害でおすすめの病院

「アルコール性肝障害」について気になる症状をまず1つ教えてください。

体が痛い
体重が減った
しびれがある
腹痛がある
紫色の斑点が皮膚に出来ている
発疹がある
食欲がわかない
体がだるい
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する

「アルコール性肝障害」と似た病気からも調べられます

© Ubie, Inc. 会社概要