「伝染性膿痂疹(とびひ)」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

伝染性膿痂疹(とびひ)

虫刺されや掻きむしった皮膚の浅い層に細菌感染が起こり、水ぶくれや皮むけなどが広がる病気です。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 透明・黄色の水ぶくれがある
  • 皮ふに何らかの異常がある
  • 体温が普段より高い
  • 皮ふにブツブツがある
  • 皮ふのかゆみがある
  • 皮ふに膿(うみ)が溜まった水ぶくれがある

対処法

皮膚を清潔に保つことが重要です。飲み薬が基本となるので、医療機関を受診してください。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
伝染性膿痂疹(とびひ)との関連性
受診すべき診療科
伝染性膿痂疹(とびひ)でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「伝染性膿痂疹(とびひ)」について気になる症状をまず1つ教えてください。

皮膚に異常がある
無色の水ぶくれがある
発熱がある
皮膚が赤く点々としている
発疹がある
皮膚にブツブツがあり、膿が出ている
皮膚が痒くて掻いてしまっている
足の付け根にあせもが出来た
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する

「伝染性膿痂疹(とびひ)」と似た病気からも調べられます

ユビーは現役医師50人の監修のもと、
最新かつ公知の情報をもとに開発されています