「リウマチ熱」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

リウマチ熱

のどの溶連菌感染症にかかった後に発症することがある病気です。発熱や関節の痛みが主な症状ですが、心臓の炎症によって弁膜症が起きることがあります。溶連菌感染症を抗菌薬でしっかり治療することが、リウマチ熱の発症を予防する上でとても重要です。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 体温が普段より高い
  • 皮ふにブツブツがある
  • 安静にしていても症状が消えない
  • 息苦しさを感じる
  • むくみがある
  • 肌がかたくなっている

対処法

抗菌薬やアスピリンを用いて治療します。心臓が障害されることがありますので、必ず専門医による診断・治療を受けて下さい。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
リウマチ熱との関連性
受診すべき診療科
リウマチ熱でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「リウマチ熱」について気になる症状をまず1つ教えてください。

関節が腫れている
体がだるい
むくみがある
喉が痛い
息が苦しい
発疹がある
皮膚が赤く点々としている
発熱がある
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
ユビーは現役医師50人の監修のもと、
最新かつ公知の情報をもとに開発されています