「リウマチ熱」との関連性を無料でチェック

ユビーAI受診相談

のどの溶連菌感染症にかかった後に発症することがある病気です。発熱や関節の痛みが主な症状ですが、心臓の炎症によって弁膜症が起きることがあります。溶連菌感染症を抗菌薬でしっかり治療することが、リウマチ熱の発症を予防する上でとても重要です。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 体温が37.5℃以上
  • 皮ふにブツブツがある
  • 安静にしていても関節痛が消えない
  • 息苦しさを感じる
  • むくみがある
  • 肌がかたくなっている
  • 皮ふに赤いブツブツがある、あるいは皮ふが赤くなっている
  • のどの痛みがある
  • 関節に熱い感じがする
  • 関節に赤みや腫れ、熱っぽさがある

対処法

抗菌薬やアスピリンを用いて治療します。心臓が障害されることがありますので、必ず専門医による診断・治療を受けて下さい。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

リウマチ熱と関連性のある病気

適切な診療科

リウマチ熱でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「リウマチ熱」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は
Ubieのロゴ
今回の結果を知らせよう
「リウマチ熱」との関連性を無料でチェック https://ubie.app/lp/search/rheumatic-fever-d105 #ユビーAI受診相談 #リウマチ熱
テキストをコピー