ユビー

アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症・自家中毒)
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太

アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症・自家中毒)について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症・自家中毒)と関連性のある病気

適切な診療科

アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症・自家中毒)でおすすめの病院

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症・自家中毒)とは

疲れすぎや精神的緊張、食事を食べていない等の要素で起こる嘔吐です。低血糖や脱水に注意して、糖と塩を含んだ水分を少しづつ与えるようにして下さい。夕食を抜かず、炭水化物を十分に与えましょう。また、疲れている時に空腹のまま寝かせつけないようにしましょう。普段からストレスを取り除くことが重要です。あまりにも頻繁な場合は別の病気が原因の可能性があるので、病院を受診して下さい。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 吐き気・嘔吐がある
  • 体のだるさがある
  • 食欲がない
  • 頭痛がある・頭が重い
  • お腹の痛みがある
  • 体臭や口臭が甘い、もしくは甘酸っぱい匂いである
  • 両親や兄弟、子供に頭痛持ちの人がいた

対処法

嘔吐しているときは、部屋を暗く静かにして、とれる水分を少しずつ摂取しましょう。長時間の空腹や、脂っこい食べ物が原因になることもあるので、もしできれば避けられると良いでしょう。嘔吐が続き水分もとれない、ぐったりしているなどの場合は、受診を検討してください。

近所の病院検索

アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症・自家中毒)の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

監修医師の画像
監修医師
札幌医科大学救急医学講座 助教
笹岡 悠太

診療科・専門領域

  • 小児科
  • 救急科
札幌医科大学医学部卒。市立函館病院小児科、同救命救急センター、東京都立小児総合医療センター救命救急科を経て2020年4月より札幌医科大学高度救命救急センターで勤務。 小児科学、救急医学の幅広い分野をカバーし、小児救急医学に精通している。また、AHA-PALSインストラクターの資格を保有し、北海道トレーニングサイトで小児二次救命処置の教育にも力を入れている。
監修医師詳細