ユビー

鼓膜穿孔(外傷性難聴)
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
舟石川ひふみみクリニック 院長
貞安 令

「鼓膜穿孔(外傷性難聴)」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

鼓膜穿孔(外傷性難聴)と関連性のある病気

適切な診療科

鼓膜穿孔(外傷性難聴)でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「鼓膜穿孔(外傷性難聴)」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

耳かきの棒や平手打ち、頭部打撲などの外傷により、鼓膜に穴があいてしまった状態です。音を振動させるドラムに穴があいているため、耳の聞こえにくさやつまりを感じます。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 耳の痛みがある
  • ほほを打たれたり顔を強く打ったりしたことがある
  • 耳の聞こえにくさがある
  • 聞こえにくさに左右で大きく差がある
  • 片方だけの耳鳴りがする
  • 耳鳴りがする

対処法

穴が小さい場合は、自然に閉鎖する可能性があります。自然に閉鎖しない場合は、手術が必要となることがあります。

「鼓膜穿孔(外傷性難聴)」に関連する症状からも調べられます

監修医師の画像
監修医師
舟石川ひふみみクリニック 院長
貞安 令

診療科・専門領域

  • 耳鼻咽喉科
【経歴】 2009年久留米大学卒業、医師免許取得 2011年女子医大東医療センター 2012年宮城県立がんセンター 2014年女子医大東医療センター 2015年耳鼻科専門医取得 2020年村立東海病院 2022年- 舟石川ひふみみクリニック 院長
監修医師詳細