「梨状筋症候群」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

梨状筋症候群

脚につながる主要な神経である座骨神経が、骨盤の出口のところでお尻の周辺の筋肉である梨状筋に圧迫されて神経症状が出現すると考えられている病気です。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 太ももが痛い
  • お尻や腰回りにしびれがある
  • しびれや感覚のおかしさがある
  • 脚の膝から上のしびれがある
  • 脚の膝から下のしびれがある
  • 手足の痛みがある

対処法

同じ姿勢で長時間座位を続けることで、お尻の筋肉に負担がかかります。デスクワークや運転など、同一の姿勢が続かないように気をつけましょう。梨状筋のストレッチも対処法として有効なことがあります。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
梨状筋症候群との関連性
受診すべき診療科
梨状筋症候群でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「梨状筋症候群」について気になる症状をまず1つ教えてください。

しびれがある
太ももが痛む
お尻からももにかけて痛い
手足の痛みを感じる
体重が増えた
内ももの痺れがある
足の裏がしびれる
背中が痛い
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
AI受診相談ユビーは現役医師50人の監修のもと、最新かつ公知の情報をもとに開発されています。すべて見る
  • 阿部 吉倫

    阿部 吉倫

    Ubie株式会社
    共同代表 総合内科医

  • 五十嵐 健史

    五十嵐 健史

    東京都健康長寿医療センター 麻酔科医

  • 金沢 誠司

    金沢 誠司

    国立成育医療研究センター
    産婦人科医

  • 白井 優

    白井 優

    四谷ゆいクリニック
    精神科医

  • 白石 達也

    白石 達也

    仁生社江戸川病院
    循環器内科医