腹痛

公開日

最終更新日

腹痛の原因として、どのような病気が考えられますか?

新潟大学大学院医歯学総合研究科 消化器科

吉岡 藍子 監修

痛みの部位や痛み方によって考えられる原因はさまざまです。骨や筋肉によるものもありますが、内臓の病気であることが多いです。

解説

お腹の中には多くの臓器があり、場所によって考えられる原因が変わってきます。

上腹部の痛み

上腹部に痛みがある場合、胃や十二指腸、膵臓、肝臓、胆嚢、心臓や肺などの病気の可能性があります。

胃や十二指腸

胃や十二指腸の炎症や潰瘍で、上腹部の痛みが生じることがあります。胃や十二指腸の病気の場合、食事の前後で痛み方に変化が見られることが多いです。また、胸焼けを認めることもあります。
胃がんの場合、進行すると腹痛の症状が出現してきます。食欲不振や吐血、黒色便を伴うこともあります。

膵臓

膵炎では強い上腹部の痛みを感じることが多いです。お酒をよく飲まれている人や中性脂肪が非常に高い方、胆石を指摘されている方は膵炎になりやすい傾向にあります。
膵臓がんでも、膵臓の周りの神経に及ぶと痛みが出てきます。
膵臓から来る腹痛では、背中の痛みを伴うこともあります。

胆嚢

上腹部の痛みを引き起こす胆嚢の病気としては、胆嚢炎や胆石症があります。これらの病気では右上腹部が痛くなることが一般的です。脂っこいものを食べた後に痛みが出やすいとされています。また、腹痛の他に発熱の症状が見られることもあります。

肝臓

上腹部の痛みを引き起こす肝臓の病気としては肝炎などが挙げられます。肝炎では、右上腹部が痛くなったり張ったりといった症状が見られます。発熱を伴う場合もあります。

心臓

心臓の病気でも上腹部に痛みを感じることがあります。みぞおちの痛みや吐き気を感じる場合には、心筋梗塞の疑いもあるので要注意です。特に高血圧や喫煙歴がある方は注意が必要です。

肺炎などの肺の病気でも、上腹部に痛みを感じることがあります。肺炎では痛みの他に、咳や熱の症状が出ることがあります。

下腹部の痛み

下腹部の痛みがある場合、小腸・大腸や膀胱・尿管、また女性であれば卵巣や子宮の病気を考えます。

小腸や大腸

最も一般的な病気としては、腸炎が挙げられます。下痢や嘔吐を伴うことが多いです。
また、腸炎の中には、多くはないもののクローン病や潰瘍性大腸炎といった慢性の病気の可能性もあります。これらの病気の場合、腹痛の他になかなか治らない発熱や血便などを伴います。

膀胱や尿管

膀胱炎で下腹部が痛くなることがあります。また、尿路結石が膀胱に近い部位で引っかかった際に下腹部が痛むこともあります。

卵巣や子宮

卵巣の出血やねじれによって痛みを感じることがあります。また、妊娠に伴ってお腹の痛みや張りを感じる方もいます。特に子宮外妊娠の場合、激痛になることがあります。

関連する質問
5分で症状をチェック(無料)
腹痛について、当てはまる症状をまず1つ教えてください
当てはまる症状がない方は
関連する病気と症状

(参考文献)

こちらの記事は参考になりましたか?
よろしければ、ご意見・ご感想をお寄せください。

こちらは送信専用のフォームです。氏名やご自身の病気の詳細などの個人情報は入れないでください。

この記事をシェアする

他に気になることを調べたい方は

初めての方へ

ユビー病気のQ&Aとは?

現役の医師が、患者さんの気になることや治療方法について解説しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。

病気・症状から探す医師・医療機関の方はコチラ
無料で症状を調べる
症状を調べる

症状検索エンジン「ユビー」

体調に不安がある、医療機関への受診を考えている方向けに、20〜30問程度の質問に答えることで、あなたに関連性のある病名や、適切な受診先を無料で調べられます。

さっそく調べる(無料)
医療機関を探す
医療機関を探す

お近くの病院をお探しの方へ

「受診科が分からない」「どの医療機関に行ったらいいか分からない」といった悩みは、ユビーの病院検索が便利です。近所の病院も探せるので、ぜひご利用ください。

病院を探す(無料)
治療法を調べる
治療法を調べる

治療案内ユビー

自身の治療情報を登録することで、治療の選択肢や使っている薬についてなど、あなたの参考になりそうな治療情報を調べられる機能です。

さっそく調べる(無料)
薬について調べる
薬について調べる

おくすりアシスタント

病気の治療に使われる薬を比較しながら、効能や副作用、気をつけることを確認できる機能です。※対応しているお薬は、処方薬(医療用医薬品)のみ

さっそく調べる(無料)

サービスの目的と位置付け

ユビー病気のQ&Aは、情報提供を目的としたサービスのため、医師・医療従事者等による情報提供は診療行為ではありません。
診療を必要とする場合は、医師・医療機関にご相談ください。
当サービスは、信頼性および正確な情報発信に努めますが、内容を完全に保証するものではありません。
情報に誤りがある場合は、こちらからご連絡をお願いいたします。