アトピー性皮膚炎は乳幼児期・小児期に発症することが多く、早ければ生後数ヶ月で症状が出ることもあります。
年齢を重ねるにつれて患者数は減っていきますが、一部のケースでは成人型アトピー性皮膚炎に移行し、成人になっても症状が続きます。