頻度は低いですが、思春期や成人後に発症する場合もあります。