最も簡便なものは 厚生労働科学研究班で開発された「重症度のめやす」です。
皮疹の重症度を軽度の皮疹と強い炎症を伴う皮疹に分類し、それらの面積によって軽症・中等症・重症・最重症とします。
その他にも、SCORADやEASIなどのスコアリングシステムを用いることで客観的な評価ができます。