ユビー

急性HIV感染症
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
新潟大学医学部医学科 総合診療学講座 特任助教
鎌倉 栄作

急性HIV感染症について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

急性HIV感染症と関連性のある病気

適切な診療科

急性HIV感染症でおすすめの病院

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

最もあてはまる症状を1つ選択してください

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

急性HIV感染症とは

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)が感染して2〜3週間後に、発熱・咽頭痛・筋肉痛・皮疹・リンパ節腫脹などの風邪に似た症状が現れます。症状の強さは様々ですが、自然に改善することが多いです。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 発熱と解熱を繰り返している
  • 体温が37.5℃以上
  • 安静にしていても関節痛が消えない
  • HIV陽性・AIDSと医師に言われたことがある
  • 頭痛がある・頭が重い
  • 痰(たん)の絡まない乾いた咳が出る
  • 頭がボーっとする、すっきりしない

対処法

HIVキャリア(HIVウイルス保有者)との性交渉後に前述の症状が現れた場合には、疑って良いかもしれません。検査の時期については、医療機関にご相談ください。抗体検査は感染後6週以降でないと、有用でない可能性があります。

近所の病院検索

急性HIV感染症の専門医がいる病院を見る

最新のガイドライン・医療水準を取り込んだデータベースを元に関連する病気・症状を表示しています。信頼性の高い医療情報の提供に向けて

監修医師の画像
監修医師
新潟大学医学部医学科 総合診療学講座 特任助教
鎌倉 栄作

診療科・専門領域

  • 内科
  • 呼吸器内科
  • アレルギー科
【経歴】 1995年 新潟県立新潟高等学校 卒業 2007年 東京医科歯科大学歯学部歯学科 卒業 2011年 新潟大学医学部医学科 卒業 2011年 横須賀共済病院 初期研修 2013年 横須賀共済病院 呼吸器内科 2017年 東京医科歯科大学統合呼吸器病学分野 入局 2017年 青梅市立総合病院呼吸器内科 2019年 武蔵野赤十字病院呼吸器科 2021年 新潟大学医学部医学科 総合診療学講座 特任助教(現在に至る)
監修医師詳細