ubie logo

「急性HIV感染症」との関連性を無料でチェック

ユビーAI受診相談
監修医師の画像
監修医師
阿部 吉倫 先生

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 発熱と解熱を繰り返している
  • 体温が37.5℃以上
  • 安静にしていても関節痛が消えない
  • HIV陽性・AIDSと医師に言われたことがある
  • 頭痛がある・頭が重い
  • 痰(たん)の絡まない乾いた咳が出る
  • 頭がボーっとする、すっきりしない

「急性HIV感染症」についてユビーAI受診相談でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

急性HIV感染症と関連性のある病気

適切な診療科

急性HIV感染症でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「急性HIV感染症」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は
監修医師の画像
監修医師
阿部 吉倫 先生
2015年東京大学医学部医学科卒。東京大学医学部付属病院、東京都健康長寿医療センターで初期研修を修了。血便を放置し48歳で亡くなった患者との出会いをきっかけにデータサイエンスの世界へ。2017年5月にUbie株式会社を共同創業。2019年12月より日本救急医学会救急AI研究活性化特別委員会委員。2020年 Forbes 30 Under 30 Asia Healthcare & Science部門選出。
監修医師詳細
Ubieのロゴ
今回の結果を知らせよう
「急性HIV感染症」との関連性を無料でチェック https://ubie.app/lp/search/aids-d135 #ユビーAI受診相談 #急性HIV感染症
テキストをコピー