「尖圭コンジローマ」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

尖圭コンジローマ

ヒトパピローマウイルスによる性感染症で、陰部や肛門周囲にカリフラワー状のイボができ、かゆみを伴うこともあります。3か月以内に再発することも多く、経過観察が必要です。

対処法

性行為によって伝染する感染症です。パートナーに移さないように配慮してください。ピンポン感染を防ぐため、パートナーと同時に病院を受診し、治療をすることが推奨されます。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
尖圭コンジローマとの関連性
受診すべき診療科
尖圭コンジローマでおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「尖圭コンジローマ」について気になる症状をまず1つ教えてください。

おできがある
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
AI受診相談ユビーは現役医師50人の監修のもと、最新かつ公知の情報をもとに開発されています。すべて見る
  • 阿部 吉倫

    阿部 吉倫

    Ubie株式会社
    共同代表 総合内科医

  • 五十嵐 健史

    五十嵐 健史

    東京都健康長寿医療センター 麻酔科医

  • 金沢 誠司

    金沢 誠司

    国立成育医療研究センター
    産婦人科医

  • 白井 優

    白井 優

    四谷ゆいクリニック
    精神科医

  • 白石 達也

    白石 達也

    仁生社江戸川病院
    循環器内科医