ユビー

機能性ディスペプシア
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
埼玉県済生会川口総合病院消化器内科 医長
吉岡 藍子

「機能性ディスペプシア」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

機能性ディスペプシアと関連性のある病気

適切な診療科

機能性ディスペプシアでおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「機能性ディスペプシア」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

症状の原因となる病気がないのにもかかわらず、心窩部痛(みぞおち付近の痛み)や胃もたれなどのおなかの症状が長く続く状態をいう。有病率は日本人の約15%前後といわれる。 見た目の変化を意味する場合に器質性、というのに対し、見た目ではなく働きを意味する場合を機能性という。ディスペプシアは元々ギリシャ語でdys₋pepsis(bad digestion:消化不良)という意味。

関連症状

おなかの上の方の症状、腹痛や胃もたれ、胃の不快感、膨満感(お腹のはり)、などお腹の症状全般が出ることがある。時間帯や食事前後の症状の出方など一定の傾向はなく個々人でさまざまな場合がある。吐血や下血などの出血症状はない。動けなくなるほどの激痛になることは稀だが、なんとなく気になる程度から痛みや不快感で食事が摂れない、など症状の程度もさまざまである。

対処法

まずは、胃酸を抑える薬や消化管の動きを助ける蠕動(ぜんどう)促進薬を使って症状を緩和していくことが治療の中心となる。中には、ピロリ菌感染によって症状が出ている場合もあるため、ピロリ菌陽性の場合は除菌治療行う。また、過敏性腸症候群と同様、規則正しい生活が症状の改善につながることがある。十分な睡眠と、食事内容の改善(油ものを取りすぎない、香辛料を控えるなど)が症状緩和に関係する。また、ストレスなど心理的要素が影響することもあるため、ストレスを貯めない生活を送ることも大切。場合によって抗うつ薬や抗不安薬などの薬も症状緩和につながる。

監修医師の画像
監修医師
埼玉県済生会川口総合病院消化器内科 医長
吉岡 藍子

診療科・専門領域

  • 消化器内科
  • 外科
新潟大学医学部卒。 済生会新潟病院、新潟大学医歯学総合病院に消化器内科医として勤務。 その後、新潟大学大学院病理学教室にて博士取得。 県内市中病院である燕労災病院、長岡赤十字病院消化器内科副部長を経て、2018年4月から埼玉県済生会川口総合病院消化器内科医長として勤務。
監修医師詳細