ubie logo

「胃炎」との関連性を無料でチェック

ユビーAI受診相談

なんらかの原因で胃が荒れること。ストレスで胃が痛くなるような急性のものと、主にピロリ菌感染が原因となる慢性のものとある。急性では胃痛などの症状が強く食事が取れなくなることもある。慢性では自覚症状がないこともあるが、放置すると胃がんの発生リスクが上がってしまう。

関連症状

急性胃炎は、胃痛、腹痛、灼熱感食事が取れないなどの強い症状が伴うことが多い。数日から1週間程度で症状は和らぐ。慢性胃炎は基本的には自覚症状はないことが多く、健診の胃カメラなどで指摘される。中には、心窩部の違和感、胃痛や腹部膨満感などいわゆるディスペプシアといった症状が現れることがある。

対処法

急性胃炎は、胃酸を抑える薬を数週間継続して内服する。急性胃炎を起こした原因が薬剤であればその薬剤を中止する必要がある。症状が強く食事が取れないときは入院治療(点滴)が必要になることもある。慢性胃炎は、まずはピロリ菌感染を証明し、除菌療法を行う。

「胃炎」についてユビーAI受診相談でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

胃炎と関連性のある病気

適切な診療科

胃炎でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「胃炎」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は
Ubieのロゴ
今回の結果を知らせよう
「胃炎」との関連性を無料でチェック https://ubie.app/lp/search/gastritis-d78 #ユビーAI受診相談 #胃炎
テキストをコピー