皮膚を傷つけないように爪を短く切り、就寝時に長袖・長ズボン・手袋を着用すると、掻きむしりによる症状の悪化を防ぐことができます。
また、ダニやイヌ、ネコといった動物由来のアレルゲンや、スギなどの花粉で皮膚病変が悪化することがあるため、こまめな掃除が必要です。
ストレスが溜まると症状が悪化するとも言われているため、ストレスの原因もなるべく取り除きましょう。