ユビー

多系統萎縮症
との関連性をAIで無料でチェック

「多系統萎縮症」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

多系統萎縮症と関連性のある病気

適切な診療科

多系統萎縮症でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「多系統萎縮症」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

多系統萎縮症とは神経の複数の系統 (自律神経、大脳基底核、小脳)が変性する疾患で、多くの場合は3つの系統のうち1つから症状が出現し、最終的には3つの系統全ての症状が揃います。自律神経系では起立性低血圧や発汗障害、排尿障害を認めます。大脳基底核の障害ではパーキンソン病と類似した動作緩慢、歩行障害等を認めます。小脳系では歩行時のふらつきや、呂律が回らない、手足の細かい動きができないなどの症状が出現します。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • めまいがする
  • ぐるぐると目を回したときのようなめまい
  • 頭や体がぐらぐら揺れているような感じ
  • 椅子から自力で立ち上がるのが難しい
  • 歩行が不安定になり、つかまり歩行になっている
  • 最近目が見えにくくなった
  • 体のだるさがある
  • 顔面の筋肉が自由に動かない
  • つまずきやすくなった

対処法

変性疾患であり、緩徐に症状が進行します。3つの系統のうち1つでも当てはまる症状があれば、脳神経内科を受診してください。