「睡眠時無呼吸症候群」との関連性を無料でチェック

ユビーAI受診相談

睡眠中に上気道が狭くなり、無呼吸となる疾患です。肥満、扁桃やアデノイド肥大、鼻中隔湾曲などが原因となります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 寝ている最中に一定期間息が止まっている
  • 日中も著しく眠く、うとうとしたりよく仮眠をしている
  • 寝ているときにいびきをかいていると人に言われる
  • 疲れやすさがある
  • 頭痛がある・頭が重い
  • 夜によく眠れない
  • 太っている

対処法

体重を減量することで改善が見込める場合があります。就寝前の飲酒は無呼吸を悪化させるため避けましょう。中等度以上の症例では、CPAPという呼吸を補助する器械を付けることで治療します。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

睡眠時無呼吸症候群と関連性のある病気

適切な診療科

睡眠時無呼吸症候群でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「睡眠時無呼吸症候群」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は
Ubieのロゴ
今回の結果を知らせよう
「睡眠時無呼吸症候群」との関連性を無料でチェック https://ubie.app/lp/search/sleep-apnea-syndrome-d16 #ユビーAI受診相談 #睡眠時無呼吸症候群
テキストをコピー