頭痛

公開日

最終更新日

頭痛に効果のある薬はありますか?

亀田総合病院 脳神経内科

原瀬 翔平 監修

痛み止め(市販薬も含む)が有効な場合は多いですが、飲みすぎるとかえって頭痛が悪化することがあるため注意しましょう。

解説

頭痛に対しては、市販のものも含め痛み止めが有効な場合が少なくないため、痛み止めを使用した治療を行うことが多いです。
片頭痛の治療では、トリプタン等のお薬が使われてきましたが、近年では抗CGRP抗体製剤も使用できるようになりました。
また緊張型頭痛では、アセトアミノフェンやイブプロフェンが効かない場合、筋肉をほぐす薬やアミトリプチンを使うことがあります。

基本的には、きちんと医療機関を受診して症状に合ったお薬を処方してもらうことが望ましいですが、症状が軽ければ市販薬を用いて対処してもかまいません。
市販の内服薬の中では、アセトアミノフェン(タイレノール®、ノーシン®)やイブプロフェンなどが軽度の頭痛に対して効果的とされています。

なお、頭痛薬を連日飲みすぎると、薬効によってかえって頭痛が悪化してしまうことがありますので注意しましょう。
1ヶ月のうち10日を超えないことが、服薬の適切な頻度の目安です。

個人の見解

筆者は緊張型頭痛の患者さんに対しては温湿布を使うことが多いです。
頭痛に対する効き目が科学的に実証されているわけではありませんが、温湿布には肩の筋肉をほぐす効果があり、緊張性頭痛の予防や症状緩和に一定の効き目があると考えています。

関連する質問
治療でどんな薬がつかわれるのか、効能や種類などを比較できます
頭痛」の治療で使う
薬について調べる(無料)

※対応しているお薬は、処方薬(医療用医薬品)のみ

この病気のQ&Aの動画
関連する病気と症状

(参考文献)

こちらの記事は参考になりましたか?
よろしければ、ご意見・ご感想をお寄せください。

こちらは送信専用のフォームです。氏名やご自身の病気の詳細などの個人情報は入れないでください。

この記事をシェアする

他に気になることを調べたい方は

初めての方へ

ユビー病気のQ&Aとは?

現役の医師が、患者さんの気になることや治療方法について解説しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。

病気・症状から探す医師・医療機関の方はコチラ
無料で症状を調べる
症状を調べる

症状検索エンジン「ユビー」

体調に不安がある、医療機関への受診を考えている方向けに、20〜30問程度の質問に答えることで、あなたに関連性のある病名や、適切な受診先を無料で調べられます。

さっそく調べる(無料)
医療機関を探す
医療機関を探す

お近くの病院をお探しの方へ

「受診科が分からない」「どの医療機関に行ったらいいか分からない」といった悩みは、ユビーの病院検索が便利です。近所の病院も探せるので、ぜひご利用ください。

病院を探す(無料)
治療法を調べる
治療法を調べる

治療案内ユビー

自身の治療情報を登録することで、治療の選択肢や使っている薬についてなど、あなたの参考になりそうな治療情報を調べられる機能です。

さっそく調べる(無料)
薬について調べる
薬について調べる

おくすりアシスタント

病気の治療に使われる薬を比較しながら、効能や副作用、気をつけることを確認できる機能です。※対応しているお薬は、処方薬(医療用医薬品)のみ

さっそく調べる(無料)

サービスの目的と位置付け

ユビー病気のQ&Aは、情報提供を目的としたサービスのため、医師・医療従事者等による情報提供は診療行為ではありません。
診療を必要とする場合は、医師・医療機関にご相談ください。
当サービスは、信頼性および正確な情報発信に努めますが、内容を完全に保証するものではありません。
情報に誤りがある場合は、こちらからご連絡をお願いいたします。