年齢を問わず、皮膚の乾燥とかゆみが見られます。
乳児の場合、まず頭と顔に湿疹(かゆみを伴うぶつぶつ)が出現します。
幼児期には顔の湿疹は減少しますが、首やわき、ひじ、ひざの裏などに湿疹が出やすくなります。
思春期以降は、胸部や背部も含めた上半身に湿疹が出ます。
重症の場合、全身が真っ赤に腫れ上がる紅皮症状態になることもあります。