右心不全

公開日

最終更新日

右心不全は主にどのような薬で治療しますか?副作用はありますか?

おだかクリニック 循環器内科 副院長

小鷹 悠二 監修

利尿剤、血管拡張剤、昇圧剤、心保護薬などを使用します。薬剤によって副作用が異なります。

解説

右心不全は、主に以下のような薬剤で治療を行います。

利尿剤

体にたまった余分な水分などを尿として排出することで、心臓の負担を軽減します。脱水や腎機能障害などの副作用リスクがあります。

血管拡張剤(血管を広げる薬)

血圧を下げ、心臓が血液を送りやすくする作用があります。副作用として、血圧が下がりすぎる場合があります。

昇圧剤

心臓の収縮する力を強化する薬剤です。心機能が大きく低下して血圧が低くなっている場合に使用します。副作用として、不整脈が出やすくなることがあります。

アンギオテンシン変換酵素阻害薬、アンギオテンシン受容体拮抗薬、ネプリライシン阻害薬

心臓を保護する作用がある薬剤です。副作用としては、血圧が下がりすぎる、腎機能障害などがあります。

β遮断薬

神経の興奮を抑え、心臓を保護する作用があります。副作用として、徐脈(脈が遅くなりすぎる)があります。

ミネラルコルチコイド拮抗薬

利尿効果や心保護効果がある薬剤です。副作用として、カリウム上昇などがあります。

SGLT2阻害薬

心臓を保護する効果が強く、利尿作用、自覚症状の改善効果もあります。副作用として、尿路感染などに注意が必要です。

抽選で謝礼あり約5分

あなたの病気の状況について
お聞かせください

スマートフォンを見る女性の画像

アンケートに回答すると抽選で、
5,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

右心不全の疑いがある方や治療中の方を対象に、皆様の受診行動について「オンラインアンケート」を行っています。

関連するQ&A
関連する病気と症状

(参考文献)

こちらの記事は参考になりましたか?
よろしければ、ご意見・ご感想をお寄せください。

こちらは送信専用のフォームです。氏名やご自身の病気の詳細などの個人情報は入れないでください。

この記事をシェアする

他に気になることを調べたい方は

初めての方へ

ユビー病気のQ&Aとは?

現役の医師が、患者さんの気になることや治療方法について解説しています。ご自身だけでは対処することがむずかしい具体的な対応方法や知識などを知ることができます。

病気・症状から探す医師・医療機関の方はコチラ
無料で症状を調べる
症状を調べる

症状検索エンジン「ユビー」

体調に不安がある、医療機関への受診を考えている方向けに、20〜30問程度の質問に答えることで、あなたに関連性のある病名や、適切な受診先を無料で調べられます。

さっそく調べる
医療機関を探す
医療機関を探す

お近くの病院をお探しの方へ

「受診科が分からない」「どの医療機関に行ったらいいか分からない」といった悩みは、ユビーの病院検索が便利です。近所の病院も探せるので、ぜひご利用ください。

病院を探す
治療法を調べる
治療法を調べる

治療案内ユビー

自身の治療情報を登録することで、治療の選択肢や使っている薬についてなど、あなたの参考になりそうな治療情報を調べられる機能です。

さっそく調べる
薬について調べる
薬について調べる

おくすりアシスタント

病気の治療に使われる薬を比較しながら、効能や副作用、気をつけることを確認できる機能です。※対応しているお薬は、処方薬(医療用医薬品)のみ

さっそく調べる

サービスの目的と位置付け

ユビー病気のQ&Aは、情報提供を目的としたサービスのため、医師・医療従事者等による情報提供は診療行為ではありません。
診療を必要とする場合は、医師・医療機関にご相談ください。
当サービスは、信頼性および正確な情報発信に努めますが、内容を完全に保証するものではありません。
情報に誤りがある場合は、こちらからご連絡をお願いいたします。