「血栓性血小板減少性紫斑病」の対処法を無料でチェック AI受診相談ユビー

血栓性血小板減少性紫斑病

次の症状などが特徴として見られます。

  • 体温が普段より高い
  • 他人の話すことは理解できるが、自分の思っていることを言語に表現できない
  • 肌に紫色のぶつぶつがある
  • 皮ふにブツブツがある
  • ささいなことでも血が出てしまう
  • 吐き気・嘔吐がある
  • しびれや感覚のおかしさがある
  • 体の左右どちらか半分が動かせない
  • けいれん発作があった
  • 赤い尿や血尿が最近出た

通常、すぐに生命に関わる深刻な状態になることはあまりありませんが、治療や診断には医療機関での受診・検査が必要です。症状が続く・悪化する・あるいは何か気になる症状がある場合は、早めに医師に相談してください

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
血栓性血小板減少性紫斑病の可能性
病院に行くべきか
血栓性血小板減少性紫斑病でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「血栓性血小板減少性紫斑病」について気になる症状をまず1つ教えてください。

体がだるい
咳が止まらない
頭がぼおっとする
紫色の斑点が皮膚に出来ている
発疹がある
しびれがある
吐き気がある
発熱がある
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する

「血栓性血小板減少性紫斑病」と似た病気からも調べられます

© Ubie, Inc. 会社概要