「強度近視」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

強度近視

裸眼で近くが見えるが遠くが見えにくい、近視という状態が高度である場合、強度近視といいます。一般的に近視度数がマイナス6ジオプタ以上の場合となります。

対処法

メガネ、コンタクトレンズ、屈折矯正手術などで、近視を矯正します。近視に伴う代表的疾患である、緑内障、網膜剥離、血管新生黄斑症などに注意する必要があり、眼科の定期検診が勧められます。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
強度近視との関連性
受診すべき診療科
強度近視でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「強度近視」について気になる症状をまず1つ教えてください。

めまいがする
頭痛がする
めまいを繰り返している
肩が凝る
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
ユビーは現役医師50人の監修のもと、
最新かつ公知の情報をもとに開発されています