ユビー

月経前症候群
との関連性をAIで無料でチェック

監修医師の画像
監修医師
小笹 勝巳

「月経前症候群」について症状検索エンジン「ユビー」でわかること

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

月経前症候群と関連性のある病気

適切な診療科

月経前症候群でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、

「月経前症候群」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は

生理前になるといつも体調が悪いと感じることはありませんか?あるいは、抑うつ、イライラ、不安、疲れやすいなどの症状がひどい時期と、ましな時期がありませんか?月経前症候群 (PMS)とは、生理前に出現する精神的、身体的な症状のことで、生理が始まると改善します。生理がある年代の女性の多くは生理前に何らかの心身の変調を自覚すると言われており、約半数がPMSと診断されます。軽症では治療の必要はありませんが、症状が強い人は治療を行うと改善する可能性があります。また、抑うつなどの精神症状を伴う重症のPMSは、月経前不快気分障害(PMDD)と呼ばれることもあります。

関連症状

日常生活に支障をきたすような下記の身体症状、精神症状が1つ以上、毎月月経前にあれば、PMSと診断します。特に検査等を受ける必要はありません。

(表) PMSの診断基準 (米国産婦人科学会)

PMSの診断基準

対処法

治療するほど困っていなければ、特に治療の必要はありません。ただ、それなりに症状があり、日常生活に支障をきたす(うつっぽくなる、イライラする、夫婦ケンカが増える、訳もなく不安になる、頭が痛い、仕事にも影響がある、など)のであれば、治療も考えてみて下さい。低用量ピル(LEP)や漢方薬、SSRIと呼ばれる抗うつ薬などがPMSに効果があると言われています。これらの中から、担当医の先生と相談して治療方法を決めてみてください。

監修医師の画像
監修医師
小笹 勝巳

診療科・専門領域

  • 産婦人科
大阪大学医学部卒。天理よろづ相談所病院、大阪大学医学部附属病院、大阪大学大学院、大阪府済生会中津病院、市立貝塚病院 副部長を経て、次のキャリアに向けて始動中。婦人科腫瘍、女性医学などの分野を中心に産婦人科全般の診療に携わっている。
監修医師詳細