心拍数は交感神経と副交感神経のはたらきによってコントロールされており、緊張や怒りなどで交感神経のはたらきが強くなると、心拍数は多くなります。
一時的に緊張や怒りを感じたときは、副交感神経を活発にさせるため、ゆっくりと深呼吸をしたり、ストレッチをしてみたりするとよいでしょう。

また、日頃から十分な睡眠をとり、ストレスを上手に発散するなどして、疲労やストレスをためないようにすることも大切です。