「腰椎椎間板ヘルニア」との関連性を無料でチェック AI受診相談ユビー

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎の間にあるクッションの役割を持つ椎間板が傷つき中身が飛び出てしまい、周辺の神経に刺激を与えて症状が出ます。悪い姿勢での作業や喫煙が原因の一つと考えられています。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 休憩するとしびれが良くなり、再び運動出来るようになる
  • 皮ふ表面の感覚がおかしい
  • お尻や腰回りにしびれがある
  • 腰の痛みがある
  • しびれや感覚のおかしさがある
  • 脚の膝から上のしびれがある

対処法

痛みが強い時には安静やコルセットの使用が有効です。前かがみや中腰の姿勢で症状が悪化する場合があります。症状がおさまらない場合は、整形外科で診察を受けて消炎鎮痛剤を使用しましょう。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
腰椎椎間板ヘルニアとの関連性
受診すべき診療科
腰椎椎間板ヘルニアでおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

「腰椎椎間板ヘルニア」について気になる症状をまず1つ教えてください。

しびれがある
腰が痛い
チクチクする
お尻からももにかけて痛い
頻尿である
内ももの痺れがある
足の裏がしびれる
皮膚の感覚が鈍い
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する
ユビーは現役医師50人の監修のもと、
最新かつ公知の情報をもとに開発されています