ubie logo

「脊髄性筋萎縮症」との関連性を無料でチェック

ユビーAI受診相談

脊髄性筋萎縮症は、筋肉を動かすのに必要な運動神経細胞が病的に変化し、徐々に筋力低下や筋肉萎縮を引き起こす遺伝性の病気です。 進行するスピードの速いものや遅いものがあり症状の幅は広く、病気に気付く時期や主な症状が病型によって異なります。

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • つまずきやすくなった
  • 手指に細かいふるえがある
  • 手足などに力の入らない部分がある
  • 正しく普段通りに歩くことが出来ない
  • 発音が正しくできない
  • 足が動きにくくなった
  • 食べ物が飲み込みにくい
  • 腕が上がりにくくなった
  • けいれん発作があった
  • 哺乳や食事の量が普段より少ない

対処法

これまでの治療は、筋力症状に対するリハビリテーション、呼吸合併症に対する呼吸管理、栄養学的合併症に対する咀嚼、嚥下の補助、経管栄養といった対症療法が主な治療でした。しかし近年では、遺伝子に対する新しい治療薬も出てきており、病型や症例によっては、劇的な改善を認める例もあります。少しでも疑いがあった場合には、早めに小児科や神経内科等の専門機関に相談することが勧められる疾患です。

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます

脊髄性筋萎縮症と関連性のある病気

適切な診療科

脊髄性筋萎縮症でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「脊髄性筋萎縮症」について気になる症状をまず1つ教えてください。

当てはまる症状がない方は
何科に関連するかを知りたい方は
Ubieのロゴ
今回の結果を知らせよう
「脊髄性筋萎縮症」との関連性を無料でチェック https://ubie.app/lp/search/spinal-muscular-atrophy-d1471 #ユビーAI受診相談 #脊髄性筋萎縮症
テキストをコピー