ubie logo

「脊髄性筋萎縮症」との関連性を無料でチェック
AI受診相談ユビー

脊髄性筋萎縮症

関連症状

次の症状などが特徴として見られます。

  • 転倒しやすくなった
  • 両方の足が動かない
  • 手指に細かいふるえがある
  • 食べ物が飲み込みにくい
  • 発音が正しくできない
  • 両方の腕が動かない
  • 手足などに力の入らない部分がある
  • 哺乳を拒否する、食事を拒否する
  • 椅子から自力で立ち上がるのが難しい
  • 正しく普段通りに歩くことが出来ない

対処法

通常、すぐに生命に関わる深刻な状態になることはあまりありませんが、治療や診断には医療機関での受診・検査が必要です。症状が続く・悪化する・あるいは何か気になる症状がある場合は、早めに医師に相談してください

本サービスではいくつかの質問に答えると、次の内容を確認することができます
脊髄性筋萎縮症と関連性のある病気
受診すべき診療科
脊髄性筋萎縮症でおすすめの病院

※ コロナの症状を確認したい方はコロナ症状チェックから

利用規約プライバシーポリシーに同意のうえ、「脊髄性筋萎縮症」について気になる症状をまず1つ教えてください。

よく転んでしまう
椅子から立ち上がれない
体重が減った
息が苦しい
食欲がわかない
食べ物がつかえる
手足が意図せず動く
当てはまる症状がない方は
気になる症状を入力する